ナース人材バンク

看護師

派遣未対応

 ナース人材バンクの特徴は、年間利用看護師数の多さと拠点数、求人数の多さ、満足度の高さだといえるかもしれない。

 それでは、実際にナース人材バンクと他社を比較してみよう。年間利用看護指数はナース人材バンクが10万人、ナースパワー人材センター10万人。拠点数は、ナース人材バンク15拠点、MCナースネット14拠点、ナースパワー人材センター13拠点。ナース人材バンクが拠点数で一番多いことになる。求人数は、ナース人材バンク60175件、ナースパワー人材センター8000件、MCナースネット20000件だ。ナース人材バンクは拠点数、求人数が一番多いことがわかる。

 次に、満足度だがナース人材バンクは80パーセント、MCナースネットは95パーセントとMCナースネットのほうが高い。満足度を基準にナース人材バンクを選んではいけないといえる。

 では、派遣はどうだろうか。MCナースネット790件、ナースパワー人材センター1011件、ナース人材バンクは派遣が未対応なのだ。ここで注目したいのは、求人数の多さと派遣の求人数の多さは比例しないということだ。つまり、看護師に対応した会社を選ぶ時に求人数に注目してしまうと後で派遣がないことに気づき他の派遣会社に登録し直すという手間をかけてしまう場合があるので注意が必要であるということだ。看護師が派遣で働きたい場合、求人数ではなく派遣に対応しているかをまず見る必要があるだろう。

満足度○○パーセントこちら ナース人材バンク

ナース人材バンクと他2社の比較

  

ナース人材バンク

ナースパワー人材センター

MCナースネット

×派遣未対応
◎派遣1011件
◎派遣790件
◎年間利用者看護師数100000人
◎利用者100000名
△‐
◎求人数60175件
△求人数8000件
○求人数20000件
◎拠点数15件
◎拠点数13件
◎拠点数14件
◎非公開求人あり
○満足度80パーセント
△‐
◎満足度95パーセント
Copyright © 看護師派遣ランキング All rights reserved